DAPL問題の新しい展開。

Oil_Pipeline-48299-0139.jpg
(画像はワシントンポスト掲載のものです)

これまで繰り返しお伝えしてきました、ダコタアクセスパイプライン建設問題について新しい展開のお知らせです。

スタンディングロック・スー族の居留地近くでミズーリ川を横切るその建設ルートが却下されました。
オバマ政権のあいだに新しいルートが決まることはないようです。

パイプラインの建設そのものが却下されたわけではないので、トランプ政権になってからどこにルートが決まるのか、いずれにしろミズーリ川を横切ることには変わりないので油断はできません。

それでも、先住民の非暴力を貫く抗議運動の声が、現時点で一度は国に届きました。
その事実だけは、今日一日だけでも、心から喜びたいです。

ワシントンポストのニュースはこちらです(Army Corps blocks route of Dakota Access oil pipeline)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR