根源。

画像データの整理等していると、
昔の作品の中でも特に懐かしさを感じて
目に留まるものがあります。

baby-owl.jpg

この作品もそのひとつ。
丁度手のひらに収まる大きさの
フクロウの雛です。

数年前にとても素敵なお家にご縁を頂き手元を離れました。

筆を入れる前の、まっさらな時から
なんともいえない柔らかさを感じる石で、
手の中で愛しんで愛しんで仕上げたことを覚えています。

この先どんなに制作を重ねても、
技術面では一生満足することなく
試行錯誤を繰り返していくばかりですが。。

こうして『続ける』事に付随する様々な要素に対して、
時に心折れながらもやめずにいたいという想いの根源は、
石を手にした時の、この気持ちなのかもしれません。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に愛情あふれる作品で…、餌に野鼠取ってきてあげたくなっちゃいます。

都心の方に行く(銀座)予定が 急な来客と 家族の「尾てい骨が痛い(原因不明=大したことはない)」の診察のため まだかなっておりません・・・。

でも、なんとなく 宝くじが当たりそうな気もするんで 銀座行は企画に入れています。
今年は10億ですね~。夢がいっぱいみられます~。

Re: No title

茶キチさん、こんばんは。

いつもコメント頂いてありがとうございます。
この作品は個展に出品した際、本物の木のうろの中にディスプレイしました。
そのディスプレイごとお客様の元へ旅立った思い出があります。

きっと、おいしい野鼠をたくさんもらう夢をみているかもしれません。

体の痛みは大小かかわらず気になりますね。。
わたしも急に寒くなってきたせいか、ここ数日首の古傷が疼きます。
ご家族の痛みが早く完治しますように。

宝くじ、いいですね!
うちも夢を買いに行こうかな~~^^
検索フォーム
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR